ジェームズ・ディーンのポルシェ

彼のポルシェについては色々な説があります。
どこまでが本当なんだか・・・


他の所有車 父の’39Chevy ’54MG ’55フォードワゴン 
バイク/’47チェコWhizzer、ハーレー、ノートン、インディアン、トライアンフ、ランチャスクーター
レース経験
  1. 55年3月26日  パームスプリングス 3位で終わるが2位の車の違反で、2位に繰り上がる。                 
  2. 55年5月1日 ベーカーズフィールド スピードスターでゼッケン123番。 2000ccまでのクラス/19台出場/と排気量無制限クラスの2レースに出場。無制限部門でクラス1位。 
  3. 55年5月28-29日 サンタバーバラ スピードスターで3レースに出場。 2レースで優勝。 1レースではスピンするまで1位だったが結果は2位。 
スピードスター
55年3月「エデンの東」撮影直後に購入。9月にスパイダーの下取りに出すまでレースに使用。
1955年式 ホワイト 1500スーパー
5000rpm 70馬力 この年からの3分割クランクケース 車体番号は判明しているが所在は?。
ボディの傷、ミラーの無いことに注意。 ドイツでは56年5月1日より法律で外側ミラーが制定されるまで、ミラーは個人の自由だった。
   
ヘッドライトレンズが外されているのはレース時の安全基準のためと思われます。
シールドビームであり、リムボルトが下側に並行に取り付くHELLAタイプのライトはこういったレンズ外しが出来ますが、BOSCHではレフレクターが汚れるしライトとして機能しなくなります。
フロントのフードハンドルは初期型の「舳先」が高いスタイルに見えます。 
550
スパイダー
約100台の製造と言われる。中期製造で車体番号550055 。西海岸のVWも扱うディーラー Competition Motors/Jonny von Neumann氏が輸入したばかりの5台の内の1台。 4台説が多いがポルシェ社では5台としている。「Giant」撮影直後、9月21日に納車され、6千または7千ドルで購入。 差額なのか定価なのかは不明。
Little Bastard 「Giant」のDialogue(対話)コーチ、Bill Hickmanがディーンにつけたニックネーム。 10月1(土曜予選)-2(日曜レース)のため、130番のゼッケンとLittle BastardをGeorge Barrisに依頼して、ボディに記載した。


a lucky bastard 運のいいやつ/You bastard! この野郎
このように使われる言葉。 
レースへ向かう 10月1-2日(日曜)のレースに、ロスから350マイル北のサリナスに向かうが、「ならし」が済んでいないため自走に変更する。 友人2名がシボレーワゴンでトレーラーを引っ張って後ろを走る。 Competition Motorsのメカニック Rolf Wuetherichが同乗する。
 最後の写真  9月30日(金)午後2時過ぎ、CompetitionMotorsの広報員、Carl von Deliusがディーンの希望で出発直前に撮影した。 途中のガソリンスタンドでの撮影が最後。 カメラはスパイダーに積まれており、事故の1週間後に現場で発見された。 オリジナルはカラー写真で数枚ありUSAで購入できる。

事故時間 事故時間は1955年9月30日午後5時以後であり、死亡の確認は5時45分救急車内、または5時59分と諸説ある。
 
Y字型の合流地点であり、ゆるい下り坂を、Y字の右上方から下に向かって、直進で抜ける地点。 ディーン側が優先道路。
下からの直進が一時停止の、変わった形の合流地点で、危険な交差点。
550スパイダーの、USAではありえない低さと、折からの西日により、正面からから来たフォードの乗用クーペが、坂の上の550スパイダーを確認できず、左折しようとして(ディーンは右車線)、一時停止を無視。中央分離帯に出てしまい、550は左側から側面衝突。 フォードの前方確認違反とディーンのスピード過剰(200キロ説あり)と判断されている。
 

後日談

 しかし、同乗していたメカニックの証言として、ならし中なので速度は出していなかった、という証言があります。 これについて、同乗していたポルシェ側の人間の証言なので、あまり信用されず、ディーンの速度違反という説が有力でした。
というのも、USAの警察が見たこともないほど、550スパイダーがひどく壊れていたからです。

しかし、アルミボディの550スパイダーの事故への抵抗力は、レース用の軽量パネルでとても弱く、60キロ程度の遅い衝突でもひどく損傷することが考えられます。
実際、ディーンの体が投げ出されている地点までの距離を考えると、200キロの衝突であれば、はるかに、もっと遠くに投げ出されたと考えられます。
速度の出しすぎによる事故説は、アルミボディを知らないUSAの警察が、損傷程度を見て、デトロイト製のスチールボディだったら、と考え、今までの米国車の事故ならボディがこれほど曲がるのなら、200キロ出ていたと判断した可能性が高い、と考えられます。

事故をおこした550スパイダーは、エンジンとミッションが外され、そちらの所在は確認されています。 なんと、そのミッションは他のポルシェに積まれて、日本に来ていました。
その後、ボディのみが「事故防止啓発運動」の全米でのキャラバン中、輸送トラックから忽然と姿を消してしまい、その行くえはいまだに不明です。





356〜佐藤自動車工業所〜911
このホームページは、いつまでも工事を続けます
急いで工事しますので、またいらっしゃってください



修理など困りごとの相談/ご意見など
メールソフト無しで送れます


このリンクでも送れます:qyv00260@nify.com